S-Log2のカラコレ

ご無沙汰してます。。

全然更新出来ていない当ブログですが、これだけはどうしても議論されるべきだと思ったので、ちょっと頑張って書きます。

a7シリーズを皮切りにS-Log2が様々なSony製のミラーレス上位機種に搭載されていったと思うのですが、もちろんフラットで撮りたい我々はこぞって使い出すわけです。が、Vimeoなどにアップされているいろんな作品で見受けられる現象で、妙に肌が黄色かったり緑がかっていたりと、とにかく汚くて変な色。クリエイティブな選択という訳ではなく、どうもうまく直せなかったという感じの色合いです。いくつかのフォーラムでも「S-Log2のカラコレが難しい!」とか「変な色だ不具合じゃないのか?!」といったトピックが立ち上がっていますが、正しい回答があまり見当たらずと言った感じです。

f65-camera-tab5-1
Sonyのサイトより

たぶん沢山の人がピクチャープロファイルの選択で「S-Log2 S-Gamut」を選択してると思うのですが、実はこのS-Gamutがカラコレにおいて結構な曲者なのです。Sonyによれば広い色域をもつカラープロファイルなのですが、チャートを見る限り緑、黄色の方にかなり広がっています。a7Sなどのコンシューマ機は、この色をそのままRec. 709のmp4にねじ込んで収録するというスタイルだと思います。色の当てはめられ方が違うので、それを普通に今までどおりにちゃちゃっとカラコレしようとすると悲惨な目に合うわけです。例えば風景を基準に色をいじったとしても、何故か人肌は妙に不健康な色になったりと、悲惨です。

でじゃあどうやって直すのよ!ってことなんですが、実は色空間を変換するLUTをソニーが提供していて、それを使うといとも簡単にこの問題を解決できてしまいます。ここからダウンロードしたLUTファイルを素材に適用するだけで、ヒューの複雑な調節を強いられることなく下の画像のように自然なスキントーンを得ることができました。

SONYLUT
a7S IIで撮影

顔の色はあまり変化が無いのに、手の甲の色は明らかに変わっているのがわかりますか?これはLUTが色の関係をRec. 709で正しく見える位置に戻してくれているからで、単純にカラーホイールをいじるだけでは直せない部分です。

SONYLUT2
左は唇の色こそ自然でも肌がグリーン寄りで、簡素なカラコレツールではさっと直すことができない。ちなみに看板の色は左のほうがカラフルに見えるが、本来は右の色のような発光の仕方だった。

さて、ダウンロードしたフォルダの中には4つのLUTファイルが入っているのですが、自分はグレーディングするときは3つ目の「3.From_SLog2-SGumut_To_SLog2-709.cube」を使います。S-Log2の広いダイナミックレンジを保ちながら色空間をRec. 709に変換してくれるので、グレーディングに適しています。正直自分も恥ずかしながらこのLUTの存在に少し前まで気づかず、リゾルブでヒューカーブとにらめっこしながら余計な苦労をしていました…ほんとにアホみたいです。ちなみにこの4つのLUTの機能はこちらに詳しく書いてあります。

実際いろんなサイトでS-Log2対応を謳ったLUTが配布されていますが、どれもいまいちなものばかり。これはLUTじゃないのですが、納得の行く色の変換ができたのはFilmConvertのプラグインでした。

ちなみに新しく搭載され始めたS-Gamut3では色再現性が優れているようなのでそれを使うのもありなのですが、なにしろ更に広がった階調の情報量を詰め込むということになるので、10ビット記録に対応しているFS7ならともかく、ミラーレスなどに採用されている8bitの圧縮コーデックでそれを記録するのは無理があるような気もして手が出ません。実際S-Log3で撮影したらS-Log2以上にひどいバンディングが出たという報告を複数見かけるので、自分はしばらくS-Log2とLUTで対応していこうかと思っています。

アナモルフィックレンズ用必須アイテム

みんな大好きアナモルフィックレンズ。その短所であるピント合わせの複雑さは以前の記事にも書きました。eBayなどで手に入る古いアナモルフィックレンズは、既存の写真レンズの手前に装着するタイプが主流で、ややこしいことにアナモルフィックレンズ側と既存レンズ側の二つのフォーカスリングを合わせないと絵がボケてしまいます。そしてなによりピント送りが不可能になってしまうので、動く被写体を追うことが出来ませんでした。しかしなんとその問題を解決してしまう救世主が現れました。その名も「Rangefinder」。

とりあえず断言しましょう、必須アイテムです。

rangefinder-hero

格安レンズやアナモルフィックアダプターを新造するSLR Magicの製品で、こいつをアナモルフィックレンズの手前に装着すると、一つのフォーカスリングだけでピント合わせが可能になるという、魔法のような可変焦点ディオプターです。

rangefinder-gear

使い方は非常に簡単です。アナモルフィックレンズと普通の写真レンズの両側を無限遠に設定するだけで、ピント合わせは全てRangefinder側のリングで行います。最短距離は1m。

rangefinder-marking
高級版はフォーカスのマーキングが印字されている

Adoramaでは599ドルで販売されていて、受注生産なのか知りませんが届くのに1ヶ月以上かかりました。ちなみに高級版と廉価版の2種類があります。廉価版はフォーカス距離が印字されてなく微調整がされてないそうですが、300ドル安くなります。

早速装着。77mmのスクリュー式で、フィルターの様にレンズにねじ込みます。自分のBolexは口径が62mmなので、ステップアップリングで対応しました。

rangefinder-rigged
リグに組み込める日が来るとは思っても見なかった

写真レンズ、アナモルフィックレンズ、Rangefinderと3つのレンズを重ねた状態なのでちょっと心配だったのですが、ボケ足も特に変わりなく、質感は保たれたままです。シャープさも特に変わりありません。

rangefinder_shot1

rangefinder_shot2

rangefinder_shot3

rangefinder_shot4

上記の画像全てRangefinder側でピントを合わせています。何も考えずに撮影できるこの快感、今までの苦労はなんだったんでしょう。高コントラストの被写体で若干フリンジが出ることもありますが許容範囲でしょう。ギアは滑らかに動き、シネレンズ並のストロークがあるので、細かいコントロールが可能です。

かなり適当なテストですが、一応映像も載せておきます。

欲を言えばフォーカス最短距離があと数十センチ近ければなお良かった。一番ダメなのは、フォーカスリングが一番前にある事。ピントをいじるとフィルターも一緒に回ってしまうので、例えば偏光フィルターなんかは使えません。(注意書きにもその旨が記されています)そして若干前後に動くので、マットボックスを使う際に干渉してしまいそうです。

とまあ欠点を並べてはみたものの、Rangefinderの魅力が削がれることは一切ありません。棚の奥に閉まっておいたアナモルフィックレンズの埃、是非払ってみてください。

ちなみにRectiluxという同じコンセプトのアダプターも登場していますが、そっちは結構レンズのネジを外したり合体させたりと改造が求められます。光学系の品質はRectiluxのほうが良いらしいので、手軽さを求めるならRangefinder、しっかり感が欲しければRectiluxと言った具合でしょうか。(追記:Rectilux Core DNAと言う製品も発表され、そちらはRangefinderとほぼ同じデザインです)

RX10 Mark II

これ一台で映画撮れちゃうよ!っていう、GH2以来の衝撃カメラの登場です。

「RX10 Mark II」

rx10-2

結構良い絵が撮れるって話は聞いていたものの、立ち位置の分からないデザインだなーくらいにしか思ってなかった初代RX10の登場から1年半、今回発表されたMark IIはかなり野心的に攻めて来てます。コーデックはXAVC Sを選択でき、高めのビットレートで記録ができます。そしてピクチャプロファイルにはS-log2の搭載。120p記録、4K記録、最高1000fpsでのスロー機能など、とりあえずぶち込めるものはぶち込んでみたスペック。このカメラ1台で何でも出来ちゃいそうです。これコンシューマ機ですよね?

rx10-1
絞りリングも付いている。ちなみに無断階にできる。

台湾に行く用事があったので急遽近所のカメラ屋でゲット。2015年9月の時点では1300ドル。

1週間ほど使ってみた感想ですが、これはかなりキテます。24-200mmで全域f2.8のレンズはとにかく便利で、寄りたいと思ったものに躊躇なく寄れる。描写も悪くないので、レンズ一体型カメラであることのデメリットはあまり感じられません。ダイナミックレンジはBMCCには及ばないものの、かなり広い幅を保ってくれます。黒に若干ノイズが乗るのが気になりますが、粒子状なので自然な雰囲気です。1ストップ明るめに撮影してポストで引き締めれば問題ないと感じました。

slog2

ローリングシャッターも頑張って抑えられている印象で、余程のことがなければ気にせずカメラを振り回せます。ティルト可能な画面はローアングルでかなり重宝します。

rx10-4
地味に助かるティルト液晶

フォーカスリングは結構がっかり。Eマウントレンズでも感じた事なのですが、ピント合わせに癖があるみたいでどうも直感的にピシっと合わせられません。速く回すと行き過ぎてしまい、遅く回すとジリジリと慎重過ぎる動きでなかなか合わせたいところに持ってけません。手ぶれ補正もキヤノンのEFレンズなどに比べるとあんまり効いてない感じがします。ズームはシャッターボタンのそばにあるレバーで操作するのですが、若干遅い。そしてズーム中にピントが一瞬ずれたりするので、ゆっくり寄っていくとかそういう表現には使えません。写真レンズなので仕方ないのでしょうが、ちょっと残念です。でも欠点はこのくらいでしょうか。

rx10-5
テレ側だとこんなに長くなる

SDカードは、XAVCで撮影する場合はSDXCタイプでU3を用意してください。遅いカードを挿すと警告が出て使えません。自分はSanDiskのExtreme Proを使ってみましたが、特に問題はありませんでした。

長々と書きましたが、とりあえず撮ってきたものを簡単に繋いでみたので良ければ御覧ください。Vimeoサイトに行けば4Kファイルをダウンロードできます。ちなみに今回の撮影は4K収録に絞ったので、スロー撮影はまだ全然試せてません。。

シネレンズに挑戦する新参企業たち

cook_lenses

少し前までは映画に使うレンズといえば大体がCookeやZeissと言った大御所でした。しかしここ最近のデジタルシネマ革命で選択肢は増え、手軽に扱える写真レンズを使った制作が当たり前になりました。今まで聞いたことのなかった韓国や香港の企業が格安で面白いレンズを作り始めて、それに目を付けたクリエイターたちが作品に投入します。

rokinon_cine_set

韓国のSamyangがRokinonブランドで欧米に挑んだのは、キヤノンやニコンのそれよりも割安なマニュアル単焦点レンズ、そしてギア付き”なんちゃってシネレンズ“。瞬く間にインディー現場に浸透します。香港のSLR Magicも絞り値f0.95を謳った格安レンズで知名度を上げていきます。

slrmagic50
SLR Magicのめっちゃ明るいレンズ

Samyangなんか当初は3つのブランド名を使い混乱を招く怪しすぎる企業だと思っていたのですが、いつの間にかレンズ選びの選択肢に入るほどに。SLR Magicもアナモルフィック関係の商品で勝負をかけ、いつの間にかある程度の人が認知するメーカーになりました。

しかしここまで盛り上がったものの、やはり写真レンズを使うことは一応邪道であり、現場でのネックになることに変わりありません。フィルター径や胴体の大きさがレンズによって違うので、毎回マットボックスやフォローフォーカスの位置、三脚のバランスを調節し直さなければならず、足手まといになります。

cp2-2

さて、2010年にZeissが写真レンズをシネレンズ的ハウジングに積み替えたCompact Primeシリーズを発表し、その問題点を解決します。追ってキヤノンも同じコンセプトのシネレンズを投入。そこにSchneiderのXenonも加わるなどして賑やかになります。しかし安く買えるシネレンズとはいえ自称映像作家にとってはまだまだ高嶺の花、手の届きそうで届かない微妙な価格にストレス。

そんな中、去年暮れから今年にかけてちょっと楽しいムーブメントが起き始めます。各社の本格的なシネレンズ市場への参戦です。

Veydra

Veydra

初めてマイクロフォーサーズマウント用に設計されたシネレンズとしてKickstarterで資金を募り、話題となりました。リハウジングで有名なDuclos Lensesさんが関係してるみたいですね。堅牢な金属ボディーとコンパクトさが物欲をそそります。6つのレンズを揃えれば映画撮影に必要な画角をほぼカバーできます。そして価格はなんと1本899ドル!(最ワイドの12mmは1199ドル)かなりお手頃です。

Xeen

xeen

Rokinonから突如発表されたシネレンズ。Compact Primeを意識したデザインで、コンセプトも同じく写真レンズを新ボディにリハウジングしたもの。フルフレームのセンサーにも対応しています。レンズ群は既存のものと同じですが、コーティングの方法を新しくして高画質化を図ったそうです。価格は一本2500ドル。ちょっと高めですが、競合製品が4000~5000ドル台なので、約半分ほどの値段で揃えることができます。今のところ24、50、85mmだけのラインナップですが、徐々に増やしていく予定とのこと。

「SLR Magic Anamorphic Lens」

SLR-Magic2x

SLR Magicが勇気を出して2xアナモルフィックレンズと、16:9画角で良い感じのアスペクト比になる1.33xアナモルフィックレンズを同時に発表。GH4が4:3収録に対応したことで、そこを狙ってきた感じですね。すでに同社が販売しているアナモーフォットとレンジファインダー、そしてレンズを一体化させた感じのデザインです。値段は2500ドルから3000ドルを予定しているそうです。デモ映像はまだ無いようなので、インタビューを乗っけておきます。

Celere HS

celere-hs

撮影監督が自ら自分にとってパーフェクトなレンズを作ろうと考えて立ち上げたらしいこのプロジェクト。ライカのボケ足、クックレンズのコントラストなど、様々なレンズメーカーの特性を一つのレンズにぶち込んでみたそう。特筆すべきはそのレンズの重さ。全てのレンズが同じ重量になるように設計されているので、ステディカムやギンバルを使う場合にレンズ交換をしてもバランスを取り直す必要が無くなるとか。まあそんなこと言ってどうせ微調整はしなきゃいけないのでしょうが、それでもかなりの時間短縮にはなります。この時代に新しくレンズ群を設計する理由として結構大事なポイントの一つになると思います。一本3000ドルほどになる予定です。

このように、仕事で使えそうなシネレンズを破産しない値段で個人が手に入れられる、もう夢の様な事態です。そして何とも悲しいことに、この市場はもう完全に海外組の縄張りになってしまった感じです。シグマとかが何か出してくれれば、ちょっと割高でも買うと思うんですけどね。日本企業がこのマーケットに価値を見いだせないでいる間に、僕もプライドを捨てて韓国のレンズを買ってしまいそうです。

LEDフレネル照明

時代はなんといってもLED。利点はなんといっても省エネ、そしてなんといっても発熱の少なさ。ただ今たくさん出回っているのは、豆粒みたいなLED電球がずらーと並んだ四角いタイプの物ばかりです。

ARRIもMoleもフレネル型のLED照明を出しているのですが、何しろ高い。ということで毎度ながらパチもんを探してみたところ、As Arriとかいうフレネルタングステン照明を作っているのと同じ(であろう)会社からLEDタイプのものも出ているではありませんか。

単純なデイライトタイプであれば20W50W100Wから選べます。口径的にはARRIタングステンの150W、300W、そして650Wに準ずる様です。

一番高くても300ドル。Moleの100Wが1200ドルなので、同じ値段で4つ買えちゃいます。さらに出品者のページに行くと2つセットとか3つセットで若干安く売ってたりします。

50WLEDs

ということで100Wを1つと50Wを3つ買ってみました。発送は中国の広州からで、2週間かかるはずがたったの3日でカリフォルニアに。恐るべし。

手に取ったひとつがカラカラ言ったので、蓋を開けて振ってみたところネジが一本落ちてきました。悩んでてもしょうがないのでとりあえず電源を入れます。

100WLED

明るい。そして熱もほとんど持たないのはさすがLED。ディミングも本体でできるのはかなり便利です。

LEDKnob
本体のディマーで明るさが調節できる

色味ですが、若干の個体差があるもののとんでもない誤差ではなく、薄ーい色補正フィルタがあれば簡単に対処できるレベルです。色の再現度もCRI85と言うだけあってそこまで悪くない。キノなんかと混ぜて使っても気になりません。

フレネル照明らしくスポット・フラッド間を自由に調節できますが、ちょっと物足りない。公式(らしい)表では12°から55°となってますが、実際はそれより狭い感じです。ノブの作りもちょっと適当なので、壊れないかヒヤヒヤ。

結構ぐらぐらな作りのノブ
結構ぐらぐらな作りのノブ

そして投射した光のエッジなんですが、若干黄色味がかってしまう感じです。気になりますが、安いので仕方ない。普通に使う分にはほぼ気にならないはずです。

led_yellow_edge
個体にもよるが、この場合左端が黄色味がかっているように感じる

考えても見なかった事でひとつ驚いたのが、フリッカーフリーということ。シャッタースピードで気を使うことはなく、そして240fpsのスローで撮っても全く点滅しません。これはちょっと得した気分です。

最初は個人的な短編映画にでも使えればいいか的なノリだったのですが、大きなクライアントの撮影でライトが不足していた事もあってこっそり参加させ始めたところ、かなり重宝する羽目になってしまいました。家庭用電源に3つ4つ挿してもブレーカーの心配を一切しなくて良いのはもう半端なく気持ちいい。

50Wonset

ちょっと乱暴な毎日の運搬にも今のところは耐えてるので、意外と頑丈なのかも。ちなみに落ちてきたネジの正体は未だにわかっていません。

BMPCC

とんでもなくご無沙汰してます。なんと前回の投稿から1年経ってますね汗

GH4やらA7Sやら面白いカメラが沢山出てきて、元インディー王者のキヤノンは迷走して、なんだか楽しい2014年でした。

さて、昨夏にBlackmagicが開催した赤字覚悟の半額大セールにまんまと乗せられ購入してしまいました、Pocket Cinema Camera。その額約5万円。(現在は約10万円)

BMPCC_PRIME

絵は兄貴分のCinema Cameraに似たダイナミックレンジを持ち、1080pながら諧調豊かでシャープな映像を記録できます。基本ISOは800で、フレームレートは最高30p。

センサーサイズが1インチという事でワイド側に困るかと思いましたが、マイクロフォーサーズを採用しているので様々なアダプターに対応、Cマウントレンズなんかをつけちゃう事もできます。自分はWooden CameraのPLマウントアダプターとスーパー16レンズを使うなどして問題なく広い絵を撮れています。Metabonesが販売するPocket専用のSpeed Boosterを使う手もありますね。

欠点を並べてみます。

– 画面

BMPCCscreen

視野角の狭さは一級品です。しっかりとした判断には外付けモニターが必ず必要です。対応している出力はHDMIのみ、しかもマイクロ端子なのですぐにぐらつき、信号はよく途絶えます。ロック機構を導入しないと平常心が追いつきません。

– バッテリー

BMPCCbattery

交換できる点ではCinema Cameraより数段ましなのですが、とにかくすぐに電池切れにになってしまうので、予備を何本も携帯する事になります。Switronixのでっかいバッテリーがひとつあれば、問題なく1日を過ごす事は出来ます。D-Tapのケーブルなんかを使って、既存のVマウントやゴールドマウントバッテリーから簡単に電源を調達できました。

– SDカード

対応してるSDカードの種類がありえないほど少ない!基本はSanDisk Extreme Proの95MB/sでなければダメで、他社のカードではRAW記録はほぼ不可能です。所有しているADATAのカードでは、ProResもHQでコマ落ちが頻繁に起きるので、基本LTでの記録になってしまいます。記載されている速度では理論的には十分な速さのはずなのですが、どうもうまく行きません。安定性を求めるなら大人しくSanDiskを選びましょう。

ちなみに対応SDカードはここのサイトで詳しく検証されてます。お金ないしRAWはいらないけど確実にProRes HQで撮りたい場合非常に参考になります。

BMPCC-rigged

やっぱりこのカメラの強みは、何と言ってもその小ささだと思います。いろんなリグを付け足してもかさばる事はありません。三脚もちっちゃい奴で大丈夫なので気合いを入れずに運べるし、小規模な撮影はほとんどこっちで済ませてしまう様になりました。面倒くさがり御用達です。

Bカメ欲しいけどお金が無い!とか、10 bitコーデックで映像を撮影したいけどお金が無い!とか、高画質なゲリラ撮影を!という方にぴったしなカメラだと思います。

こちらがほぼBMPCCで撮影した作品(?)です。ハンバーガーのカット以外は全てBMPCC、レンズはキヤノンのスーパー16mm用で撮りました。おふざけも本気で撮れる時代ですね。

ワンマン撮影とピント合わせ

カメラが簡単に買える今、何から何まで一人で用意する事がとにかく多くなりました。低予算の撮影ではまともにカメラアシスタントをつける事もできません。いろいろな事に注意を払いながら、更にピント合わせまで自分でしなきゃいけないというこのストレス地獄。そんなワンマンオペレーションが少しでも楽になるような設計のフォローフォーカスがいくつか出てきてます。

—へんてこフォローフォーカス—

Zacuto Z-Drive

従来のフォローフォーカスがカメラアシスタント必須の設計なのに対して、Z-Driveは一人で回す事を考えて作られています。自然な位置にホイールが来るので、操作が幾分か楽になるようです。オプションで装着できるまきぐそみたいな形のグリップで、操作が更に安定するそうです。その他にもいろいろなスタイルで撮影できる様子が上のビデオで紹介されています。

Edelklone FOCUSPLUS

毎度変なリグを世に送り出すEdelkloneの提案。こちらもZacutoとコンセプトは同じで、自然な位置からフォーカスを変えられるのが売りです。マーカーには可動の印が入っているのでペンで書き込む必要がありません(ワンマンオペレーションでそんな正確なマーキングが必要なのかは謎)

—ワイヤレスなフォローフォーカス—

Redrock Micro microRemote

インディーフィルムメイキングの老舗が比較的良心的価格で販売するワイヤレスシステム。Fingerwheelというアクセサリーを使えば、指元でフォーカスをコントロールできるようになります。

—まさかのオートフォーカス—

キヤノンが70Dに搭載したデュアルピクセルCMOSというテクノロジー。コントラストAFとは明らかに違う自然で滑らかな追従性が特徴です。

その機能が2014年にはシネマカメラのC100にも搭載されるという事らしく、もう簡単な現場ではフォローフォーカスを持ち歩く必要はなくなるかもしれません。

オートフォーカスに頼ったら終わりだと思っていたのですが、表現の幅を広げてくれるのであれば使わない手はありません。一人でステディカムを多用する撮影でのフォーカスの心配もなくなります。とにかくカメラを持って振り回す映画作りの原点に戻れるなら、こういうのを有効活用しちゃってもいいのかもしれませんね。