スライダー

プロが使う撮影技法の一つに、ドーリーがあります。

カメラをレールにのせてスムーズにゆっくり動かす事で、空間を演出します。

ただ買うには高い。借りるにしてもある程度の心の用意が必要なほど、デカイ。

そんな中で登場したのが三脚の上にのせられるミニチュアドーリー、スライダーです。小さなレールとボールベアリングの車輪が、1メートルほどのスムーズなドーリーを可能にします。

写真は以前商品撮影の仕事でスライダーを使ったときのものです。こんな感じで、かなりコンパクトなセットアップができます。とんでもなく長いドーリーが必要でもなければ、これで十分行けます。

一番人気がKessler Crane(ケスラー)と言う会社が製造しているPocket Dolly

値段も6万円と少々高めですが、信頼されています。何度か使う機会がありましたが、たしかに頑丈に出来ています。別売りのモーターを取り付けると電動ドーリーとなり、非常にコントロールの効くスライダーになります。

少し安めなのがKonova(コノバ?)という韓国の会社が出しているスライダー。

http://www.vimeo.com/25118077

自分もこれを所有していて、かなり重宝しています。三脚を付ける穴が両脇にも付いているので縦に取り付ける事も可能で、下から上へと言ったクレーン風の動きも可能になります。

ほかにも沢山の会社から同じ様な製品が出ていますが、また面白い物を発見したときは書き足したいと思います。

広告

スライダー」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。最近、canon5Dで撮影を始めた者です。恐縮ですが、konovaのドリーを買おうと思っているのですが、公式HPからだと、オプション(ball等)が多くて何を買えば5Dのドリー撮影ができるのか分かりかねて困っています。もしよろしかったらご教示していただけないでしょうか?

    1. すみません、出張で返信が遅れました。
      基本はどのスライダーでも撮影可能だと思います。
      公式よりはeBayなどのオークションサイトで買ってしまった方が簡単かと思います。
      スライダー自体にはヘッドが付いてきませんので、別に買う必要があります。
      自分はマンフロットの70ドルほどの安いヘッドを使っていますが、一眼レフほどの大きさであれば問題ないです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中