CineStyleを使うか否か

かの有名なTechnicolorがキヤノンのDSLRにぶち込むピクチャープロファイルとして2011年に発表した「CineStyle」。

かなりフラットなプロファイルで映像を記録する事により、ダイナミックレンジが2ストップほど広がると言われます。

日本語の詳しい記事がありましたので、こちらが参考になります。

フィルムをデジタル化するために提案されたLog方式にアイデアを得ていて、これを機に様々なDSLR人間がLogの存在を知る事になります。その後Log収録を目玉としたC300が出るなど、CineStyleの影響ともとれる動きがありました。

これを使えばAlexaなんていらないぜ!と言う事で沢山の人間が飛びついて使われ始めたCineStyleですが、使えば使うほどCineStyle特有の問題点が見えてきて、頭を痛めることに…

まず、キヤノンのDSLRは全てh.264での記録です。高いビットレートとはいえ圧縮されているので、それが原因で絵が劣化します。

特に個人的に問題なのが、諧調のバンディング現象。変化に乏しい被写体、例えば平坦な白い壁や青い空などを撮影すると、グラデーションの諧調が見えてしまいます。

そしてさらに、ISOが上がると変な縦方向の規則的なバンディングが現れます。高輝度側階調優先をONにして撮った時に出るものと似ています。条件が揃うとはっきり目立ってしまい、とにかく厄介です。

クリックで拡大

長編をこのCineStyleで撮ってしまい、現在いかにして上記の問題をごまかせるかヒイヒイ状態です。泣 一つ前の記事のDark Energyで解決出来る事を祈るばかりです。

そんな感じで結構な問題児ですが、二度と使わないかと言われれば実はそうでもない。CineStyleからカラコレすると、絵の豊かさを表現しやすいかなと個人的には感じました。気のせいかなぁ…?

暗部のノイズが酷くなると言った評価が出ていますが、標準プロファイルで撮ってCineStyleに近づけた絵と、CineStyleで撮った絵を比べてみても特に変わりない様に思えます。逆に、標準プロファイルは黒の情報がつぶれてしまっています。

日本映画の淡い絵を表現したい場合はCineStyleを使ってカラコレを最小限にすると言った手法もアリではないでしょうか。

とまあ、全てはあくまでも個人的な感想です。好きだったら使う、こりゃひでーやと思ったら使わない、と言った感じで是非試してみて下さい。

下のリンクで登録を行うとCineStyleのピクチャープロファイルを入手出来ます。カメラへの転送にはEOS ユーティリティが必要ですので、ご留意下さい。

http://www.technicolor.com/en/hi/theatrical/visual-post-production/digital-printer-lights/cinestyle

広告

CineStyleを使うか否か」への4件のフィードバック

  1. 半年ほど前から、EOS Movie にトライしているものです。こちらのブログは、ちょくちょくのぞいておりまして、とても参考になっております。

    >特に個人的に問題なのが、諧調のバンディング現象。変化に乏しい被写体、例えば平坦な白い壁や青い空などを撮影すると、グラデーションの諧調が見えてしまいます。

    CineStyleの弊害として述べられている上記の現象ですが、Canonの標準のピクチャープロファイル(スタンダードやニュートラル)でも起きませんか? 例えば、下記の動画の 1:20~1:30 あたりの背景の青空なんですが・・。

    私のカメラ(EOS Kiss X6i)や撮り方に問題があるのでしょうか? 何か、有効な回避策があるのでしょうか?

    1. こんな貧相なブログを読んでいただいて、ありがとうございます。
      映像見ましたが、とても安定した絵を撮られてますね!飛行機が好きな事もあって最後まで見入ってしまいました笑
      バンディング現象ですが、シネスタイルでは特に出やすいというだけであって、どんなプロファイルでも出る時は出てしまう様です。圧縮されたコーデックですし、階調表現も8ビットしか無いのでしょうがないといえばしょうがないのですが。。極端な色補正などをかけるとバンディングがはっきり出てしまう事がありますし、アップロード用に高い圧縮をかけた場合もそうなります。YouTubeにアップロードする前の段階でもこんなに目立っていましたか?

      1. アップロード前のオリジナルでも、はっきり分かるレベルでした。全体的な画質はかなり良いと感じられるだけに、そこがとても気になってしまい、残念でなりません。もっぱら飛行機を撮っているため、空は避けては通れないので・・。

      2. 青色だけの微妙な変化なので、快晴の空はバンディングがはっきり出やすい被写体なんだと思います。ただ他の民生用カメラで撮っても結果は同じになってしまうので、割り切るしか無いかもしれませんね…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中