可変NDフィルター付きマウントアダプター

ちょっと遅めのニュースですが。。

こういうのがあったら良いのになーってずっと思っていたのを具現化した、夢の様なものが出ました。

(前半は映像デモ、1:50あたりから説明あり)

フランジバックの短いマイクロフォーサーズやソニーのEマウントで従来のレンズを装着する場合はマウントアダプターを利用しますが、レンズと筐体の間に結構な距離の隙間が出来ます。その部分に可変NDフィルターを入れ込んでしまおうと言うアイデア商品です。

FS100などは高感度が売りですが、外の撮影などでは絞ってシャッタースピードをものすごく上げなければいけないなど、結構苦労します。このアダプターがあれば、余計なNDフィルターを何枚も持ち運ばなくて済む様になる感じですね。ND機能を使いたくない場合はレバーひとつで退けられる、親切な設計になってます。

ちょっとした問題点ですが、EFマウントでマニュアル操作のみなので、キヤノンレンズは露出を変えるのに別途キヤノンカメラを用意しなければなりません。また、レンズとセンサーの間に光学的な物が一枚入るので、フランジバックが変わってしまいます。焦点を変えるとピントの位置がずれるので、ズームを使った表現はできなくなります。無限遠は出るそうなので、焦点を固定しての撮影では問題ないはずです。

作っているのはHolyMantaと言うスウェーデンのグループで、発明は普段バイオテクノロジー関係でエンジニアリングをされているThomas Lärängさんと言う方。ビデオ撮影が趣味だそうで、それが高じて今回このアダプターを作るに至ったそうです。

現在は出資を募っている状態で、売り出されれば$280ドルほどの値段になるようです。品質がどんな物なのかは今の所分からないですが、テスト映像を見た感じでは悪くなさそうですね。発売がとても楽しみです。(追記 $315で発売開始されたようです)

 

広告

可変NDフィルター付きマウントアダプター」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中