ワンマン撮影とピント合わせ

カメラが簡単に買える今、何から何まで一人で用意する事がとにかく多くなりました。低予算の撮影ではまともにカメラアシスタントをつける事もできません。いろいろな事に注意を払いながら、更にピント合わせまで自分でしなきゃいけないというこのストレス地獄。そんなワンマンオペレーションが少しでも楽になるような設計のフォローフォーカスがいくつか出てきてます。

—へんてこフォローフォーカス—

Zacuto Z-Drive

従来のフォローフォーカスがカメラアシスタント必須の設計なのに対して、Z-Driveは一人で回す事を考えて作られています。自然な位置にホイールが来るので、操作が幾分か楽になるようです。オプションで装着できるまきぐそみたいな形のグリップで、操作が更に安定するそうです。その他にもいろいろなスタイルで撮影できる様子が上のビデオで紹介されています。

Edelklone FOCUSPLUS

毎度変なリグを世に送り出すEdelkloneの提案。こちらもZacutoとコンセプトは同じで、自然な位置からフォーカスを変えられるのが売りです。マーカーには可動の印が入っているのでペンで書き込む必要がありません(ワンマンオペレーションでそんな正確なマーキングが必要なのかは謎)

—ワイヤレスなフォローフォーカス—

Redrock Micro microRemote

インディーフィルムメイキングの老舗が比較的良心的価格で販売するワイヤレスシステム。Fingerwheelというアクセサリーを使えば、指元でフォーカスをコントロールできるようになります。

—まさかのオートフォーカス—

キヤノンが70Dに搭載したデュアルピクセルCMOSというテクノロジー。コントラストAFとは明らかに違う自然で滑らかな追従性が特徴です。

その機能が2014年にはシネマカメラのC100にも搭載されるという事らしく、もう簡単な現場ではフォローフォーカスを持ち歩く必要はなくなるかもしれません。

オートフォーカスに頼ったら終わりだと思っていたのですが、表現の幅を広げてくれるのであれば使わない手はありません。一人でステディカムを多用する撮影でのフォーカスの心配もなくなります。とにかくカメラを持って振り回す映画作りの原点に戻れるなら、こういうのを有効活用しちゃってもいいのかもしれませんね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中