BMPCC

とんでもなくご無沙汰してます。なんと前回の投稿から1年経ってますね汗

GH4やらA7Sやら面白いカメラが沢山出てきて、元インディー王者のキヤノンは迷走して、なんだか楽しい2014年でした。

さて、昨夏にBlackmagicが開催した赤字覚悟の半額大セールにまんまと乗せられ購入してしまいました、Pocket Cinema Camera。その額約5万円。(現在は約10万円)

BMPCC_PRIME

絵は兄貴分のCinema Cameraに似たダイナミックレンジを持ち、1080pながら諧調豊かでシャープな映像を記録できます。基本ISOは800で、フレームレートは最高30p。

センサーサイズが1インチという事でワイド側に困るかと思いましたが、マイクロフォーサーズを採用しているので様々なアダプターに対応、Cマウントレンズなんかをつけちゃう事もできます。自分はWooden CameraのPLマウントアダプターとスーパー16レンズを使うなどして問題なく広い絵を撮れています。Metabonesが販売するPocket専用のSpeed Boosterを使う手もありますね。

欠点を並べてみます。

– 画面

BMPCCscreen

視野角の狭さは一級品です。しっかりとした判断には外付けモニターが必ず必要です。対応している出力はHDMIのみ、しかもマイクロ端子なのですぐにぐらつき、信号はよく途絶えます。ロック機構を導入しないと平常心が追いつきません。

– バッテリー

BMPCCbattery

交換できる点ではCinema Cameraより数段ましなのですが、とにかくすぐに電池切れにになってしまうので、予備を何本も携帯する事になります。Switronixのでっかいバッテリーがひとつあれば、問題なく1日を過ごす事は出来ます。D-Tapのケーブルなんかを使って、既存のVマウントやゴールドマウントバッテリーから簡単に電源を調達できました。

– SDカード

対応してるSDカードの種類がありえないほど少ない!基本はSanDisk Extreme Proの95MB/sでなければダメで、他社のカードではRAW記録はほぼ不可能です。所有しているADATAのカードでは、ProResもHQでコマ落ちが頻繁に起きるので、基本LTでの記録になってしまいます。記載されている速度では理論的には十分な速さのはずなのですが、どうもうまく行きません。安定性を求めるなら大人しくSanDiskを選びましょう。

ちなみに対応SDカードはここのサイトで詳しく検証されてます。お金ないしRAWはいらないけど確実にProRes HQで撮りたい場合非常に参考になります。

BMPCC-rigged

やっぱりこのカメラの強みは、何と言ってもその小ささだと思います。いろんなリグを付け足してもかさばる事はありません。三脚もちっちゃい奴で大丈夫なので気合いを入れずに運べるし、小規模な撮影はほとんどこっちで済ませてしまう様になりました。面倒くさがり御用達です。

Bカメ欲しいけどお金が無い!とか、10 bitコーデックで映像を撮影したいけどお金が無い!とか、高画質なゲリラ撮影を!という方にぴったしなカメラだと思います。

こちらがほぼBMPCCで撮影した作品(?)です。ハンバーガーのカット以外は全てBMPCC、レンズはキヤノンのスーパー16mm用で撮りました。おふざけも本気で撮れる時代ですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中