LEDフレネル照明

時代はなんといってもLED。利点はなんといっても省エネ、そしてなんといっても発熱の少なさ。ただ今たくさん出回っているのは、豆粒みたいなLED電球がずらーと並んだ四角いタイプの物ばかりです。

ARRIもMoleもフレネル型のLED照明を出しているのですが、何しろ高い。ということで毎度ながらパチもんを探してみたところ、As Arriとかいうフレネルタングステン照明を作っているのと同じ(であろう)会社からLEDタイプのものも出ているではありませんか。

単純なデイライトタイプであれば20W50W100Wから選べます。口径的にはARRIタングステンの150W、300W、そして650Wに準ずる様です。

一番高くても300ドル。Moleの100Wが1200ドルなので、同じ値段で4つ買えちゃいます。さらに出品者のページに行くと2つセットとか3つセットで若干安く売ってたりします。

50WLEDs

ということで100Wを1つと50Wを3つ買ってみました。発送は中国の広州からで、2週間かかるはずがたったの3日でカリフォルニアに。恐るべし。

手に取ったひとつがカラカラ言ったので、蓋を開けて振ってみたところネジが一本落ちてきました。悩んでてもしょうがないのでとりあえず電源を入れます。

100WLED

明るい。そして熱もほとんど持たないのはさすがLED。ディミングも本体でできるのはかなり便利です。

LEDKnob
本体のディマーで明るさが調節できる

色味ですが、若干の個体差があるもののとんでもない誤差ではなく、薄ーい色補正フィルタがあれば簡単に対処できるレベルです。色の再現度もCRI85と言うだけあってそこまで悪くない。キノなんかと混ぜて使っても気になりません。

フレネル照明らしくスポット・フラッド間を自由に調節できますが、ちょっと物足りない。公式(らしい)表では12°から55°となってますが、実際はそれより狭い感じです。ノブの作りもちょっと適当なので、壊れないかヒヤヒヤ。

結構ぐらぐらな作りのノブ
結構ぐらぐらな作りのノブ

そして投射した光のエッジなんですが、若干黄色味がかってしまう感じです。気になりますが、安いので仕方ない。普通に使う分にはほぼ気にならないはずです。

led_yellow_edge
個体にもよるが、この場合左端が黄色味がかっているように感じる

考えても見なかった事でひとつ驚いたのが、フリッカーフリーということ。シャッタースピードで気を使うことはなく、そして240fpsのスローで撮っても全く点滅しません。これはちょっと得した気分です。

最初は個人的な短編映画にでも使えればいいか的なノリだったのですが、大きなクライアントの撮影でライトが不足していた事もあってこっそり参加させ始めたところ、かなり重宝する羽目になってしまいました。家庭用電源に3つ4つ挿してもブレーカーの心配を一切しなくて良いのはもう半端なく気持ちいい。

50Wonset

ちょっと乱暴な毎日の運搬にも今のところは耐えてるので、意外と頑丈なのかも。ちなみに落ちてきたネジの正体は未だにわかっていません。

広告

LEDフレネル照明」への2件のフィードバック

  1. 初めてコメントさせていただきます。大阪で映像制作をやっております。
    照明機材を導入しようとしていますが、奮発してHMIか普通のロケ用LEDかで悩んでいましたが、
    こんな機材もあったのですね。
    いろいろと検索してみたのですが、ジャストヒットせず、、、
    差し支えなければこの製品のURLなど教えていただけますでしょうか?

    1. お返事遅れて申し訳ありません!
      なにせ中華製ですので、特にこの製品に関しては公式なサイトは無いと思います。
      eBayのリンクは上にも貼ってありますが、LED Fresnelと検索するといろいろ出てきます。
      自分が買ったのはTop-Fotoブランドですが、Nanguangという会社の物もレビューを見かけたことがあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中