アナモルフィックレンズ用必須アイテム

みんな大好きアナモルフィックレンズ。その短所であるピント合わせの複雑さは以前の記事にも書きました。eBayなどで手に入る古いアナモルフィックレンズは、既存の写真レンズの手前に装着するタイプが主流で、ややこしいことにアナモルフィックレンズ側と既存レンズ側の二つのフォーカスリングを合わせないと絵がボケてしまいます。そしてなによりピント送りが不可能になってしまうので、動く被写体を追うことが出来ませんでした。しかしなんとその問題を解決してしまう救世主が現れました。その名も「Rangefinder」。

とりあえず断言しましょう、必須アイテムです。

rangefinder-hero

格安レンズやアナモルフィックアダプターを新造するSLR Magicの製品で、こいつをアナモルフィックレンズの手前に装着すると、一つのフォーカスリングだけでピント合わせが可能になるという、魔法のような可変焦点ディオプターです。

rangefinder-gear

使い方は非常に簡単です。アナモルフィックレンズと普通の写真レンズの両側を無限遠に設定するだけで、ピント合わせは全てRangefinder側のリングで行います。最短距離は1m。

rangefinder-marking
高級版はフォーカスのマーキングが印字されている

Adoramaでは599ドルで販売されていて、受注生産なのか知りませんが届くのに1ヶ月以上かかりました。ちなみに高級版と廉価版の2種類があります。廉価版はフォーカス距離が印字されてなく微調整がされてないそうですが、300ドル安くなります。

早速装着。77mmのスクリュー式で、フィルターの様にレンズにねじ込みます。自分のBolexは口径が62mmなので、ステップアップリングで対応しました。

rangefinder-rigged
リグに組み込める日が来るとは思っても見なかった

写真レンズ、アナモルフィックレンズ、Rangefinderと3つのレンズを重ねた状態なのでちょっと心配だったのですが、ボケ足も特に変わりなく、質感は保たれたままです。シャープさも特に変わりありません。

rangefinder_shot1

rangefinder_shot2

rangefinder_shot3

rangefinder_shot4

上記の画像全てRangefinder側でピントを合わせています。何も考えずに撮影できるこの快感、今までの苦労はなんだったんでしょう。高コントラストの被写体で若干フリンジが出ることもありますが許容範囲でしょう。ギアは滑らかに動き、シネレンズ並のストロークがあるので、細かいコントロールが可能です。

かなり適当なテストですが、一応映像も載せておきます。

欲を言えばフォーカス最短距離があと数十センチ近ければなお良かった。一番ダメなのは、フォーカスリングが一番前にある事。ピントをいじるとフィルターも一緒に回ってしまうので、例えば偏光フィルターなんかは使えません。(注意書きにもその旨が記されています)そして若干前後に動くので、マットボックスを使う際に干渉してしまいそうです。

とまあ欠点を並べてはみたものの、Rangefinderの魅力が削がれることは一切ありません。棚の奥に閉まっておいたアナモルフィックレンズの埃、是非払ってみてください。

ちなみにRectiluxという同じコンセプトのアダプターも登場していますが、そっちは結構レンズのネジを外したり合体させたりと改造が求められます。光学系の品質はRectiluxのほうが良いらしいので、手軽さを求めるならRangefinder、しっかり感が欲しければRectiluxと言った具合でしょうか。(追記:Rectilux Core DNAと言う製品も発表され、そちらはRangefinderとほぼ同じデザインです)

広告

アナモルフィックレンズ用必須アイテム」への3件のフィードバック

  1. とても綺麗な写真です!
    いつもブログを拝見させていただいて、とても勉強になっています。
    映画監督になりたくて現在ニューヨークに住んでいます。
    僕もBolex moller anamorphic 8/19/1.5xの購入を決めたのですが、この写真は何のレンズを使用しているんでしょうか?
    それとBolexとレンズを連結させているアダプターは何ですか?
    本当はもっと色々な話をお伺いしたいです!
    ご回答宜しくお願い致します!

    1. ありがとうございます!
      夢追ってニューヨーク、素敵ですね!自分もしっかりせねば。
      アナモと一緒に使ってるレンズは古いニコンレンズです。AdoramaやeBayで100〜200ドル程度で買える奴です。
      アダプターはBolex側が39mmのスレッドなので、ステップダウンリングを使ってます。ただ最後までねじ込むと水平アライメントが取れないので若干緩んだ状態になっていて、固定には望遠レンズ用のサポーターを使ってます。もっといい方法があると思いますが笑
      分かる範囲で答えますので、質問あったら気にせずおっしゃってくださいね。

      1. いつも新しい投稿を楽しみに見ています。
        返信をいただきありがとうございます!
        そして返事が遅くなってしまい本当に申し訳ありません。
        あれから色々試行錯誤し、椎名さんが撮影したこの綺麗な写真のようになんとか近づけようと努力してまいりました。
        そしてようやくα7sを購入し椎名さんに教えていただいたnikonの全く同じレンズとBolex moller anamorphic 8/19/1.5x(これも同じ)をvelloというところのレンズアダプターを使いα7sに装着し撮影したところ、ケラレが発生してしまいました!
        α7sを買う前は7Dを使っていたのですが、その時はケラレは一切なく使えたので多分原因はα7s用に買ったvelloのレンズアダプターかなぁと思っております。
        Canon7Dの時に使っていたアダプターは厚さ3mm程度なのに対して今回購入したアダプターはほぼ3cmくらいある分厚さのアダプターなんです!
        それが原因かどうかもわかりませんが、椎名さんはどこのアダプターを使いnikonのレンズとα7sをくっつけていますか?
        あとケラレの原因はやはりアダプターなのでしょうか?
        椎名さんはどのようにしてあんな綺麗な写真、映像になっているのか本当にめちゃくちゃ知りたいです。
        どうぞよろしくお願いします!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中